Open Source Summit Japan

Automotive Linux Summit

概要

Automotive Linux Summit (ALS) には、自動車関連の専門家やオープンソース エキスパートの中でも極めて革新的な考え方を持つ人々が集結します。たとえば、自動車システム エンジニア、Linux エキスパート、R&D マネージャー、ビジネス エグゼクティブ、オープンソース ライセンスやコンプライアンスのスペシャリスト、Linux コミュニティに参加している開発者などです。このイベントは、自動車分野のイノベーションを牽引している開発者コミュニティと、自動車分野における組込み機器の未来を牽引するためにコードの提供や利用を行っているベンダーやユーザーとを結びつけます。

登録の詳細

このイベントは、Open Source Summitの一部です。参加ご希望の方は、Open Source Summitに登録してください。Open Source Summitコレクションの他のすべてのイベントにもアクセスできます。

発表案の募集 (CFP)

発表案を提出してください! 応募は9月18日まで受け付けています。

ABOUT

Automotive Linux Summit gathers the most innovative minds from automotive expertise and open source excellence. This includes automotive system engineers, Linux experts, R&D managers, business executives, open source licensing and compliance specialists, and community developers. The event connects the developer community driving the innovation in this area together with the vendors and users providing and using the code in order to drive the future of embedded devices in the automotive arena.

registration details

This event is part of Open Source Summit. To attend, register for Open Source Summit. You’ll also get access to all the other events in the Open Source Summit collection.

Call for proposals

Submit a proposal to speak! Submissions are being accepted through September 18.

上のボタンをクリックし、ALSやその他のOpen Source Summit Japanカンファレンスの発表案を提出してください。
Click above to submit a proposal to speak at ALS, or one of the other Open Source Summit Japan conferences.

ALSのトピックは次のとおりです。

  • ADAS (Advanced Driver Assistance Systems: 先進運転支援システム)
  • AGLの配布と設計の考慮事項
  • AGLのアプリケーション設計、アプリケーション フレームワーク
  • AGLのセキュリティ
  • AGLのツール
  • AGLの長期的サポートとメンテナンス
  • AIとマシン ラーニング
  • AR (Augmented Reality: 拡張現実)、HUD (Heads-Up Display: ヘッドアップ ディスプレイ)
  • 自律運転と先進運転支援システム(ADAS: Driving and Advanced Driver Assistance Systems)
  • コネクテッド カー技術
  • 移動中の車両へのライブ コンテンツ配信やアップデート
  • 機能安全とオープンソース ソフトウェア
  • 車載インフォテインメント(IVI)
  • 法的およびコンプライアンスの問題
  • モビリティ サービス
  • ナビゲーションとマッピング
  • AGL以外の技術プロジェクト (スマート ロード、自動運転車など)
  • 技術以外のテーマ (ライフスタイル、生産性など)
  • OTA (Over The Air: 無線通信利用) ソフトウェア更新
  • セキュリティとプライバシー
  • テレマティクスや緊急通報サービス
  • 車と車 (V2V)、車とクラウド (V2C)、および車とインフラ (V2X) の通信
  • 自動車向け W3C (World Wide Web Consortium)

ALS topics include:

  • Advanced Driver Assistance Systems (ADAS)
  • AGL Distribution and Design Considerations
  • AGL Application Design, Application Framework
  • AGL Security
  • AGL Tools
  • AGL Long-team Support and Maintenance
  • AI and Machine Learning
  • Augmented Reality, Heads-Up Display
  • Autonomous Driving and Advanced Driver Assistance Systems (ADAS)
  • Connected Car Technologies
  • Delivering Live Content and Updates to Vehicles in Motion
  • Functional Safety and Open Source Software
  • In-vehicle Infotainment (IVI)
  • Legal and Compliance Issues
  • Mobility Services
  • Navigation and Mapping
  • Non-AGL Technical Projects (e.g. Smart Roads, Self-driving Vehicles)
  • Non-technical Subjects (e.g. Lifestyle, Productivity)
  • Over-the-Air (OTA) Software Updates
  • Security and Privacy
  • Telematics and Emergency Call Services
  • Vehicle-to-Vehicle (V2V), Vehicle-to-Cloud (V2C) and Vehicle-to-Infrastructure (V2X) Communications
  • W3C for Automotive

スポンサー Sponsors

ダイアモンド Diamond

プラチナ Platinum

シルバー Silver

ブロンズ BRONZE