Open Source Summit Japan

ContainerCon

概要

コンテナは、作業を自動化/デプロイ/スケールするしくみを大きく変えています。ContainerConでは、チームが自動化、移植性、効率性をさらに高めるためにコンテナ化を採用する理由と方法について詳しく学ぶことができます。

登録の詳細

このイベントは、Open Source Summitの一部です。参加ご希望の方は、Open Source Summitに登録してください。Open Source Summitコレクションの他のすべてのイベントにもアクセスできます。

発表案の募集 (CFP)

発表案を提出してください!応募は9月18日まで受け付けています

ABOUT

Containers are revolutionizing the way workloads are automated, deployed and scaled, and ContainerCon is where teams can learn more about why and how to adopt containerization to further automation, portability and efficiency. 

registration details

This event is part of Open Source Summit. To attend, register for Open Source Summit. You’ll also get access to all the other events in the Open Source Summit collection.

Call for proposals

Submit a proposal to speak! Submissions are being accepted through September 18.

上のボタンをクリックし、ContainerConやその他のOpen Source Summit Japanカンファレンスの発表案を提出してください。
Click above to submit a proposal to speak at ContainerCon, or one of the other Open Source Summit Japan conferences.

ContainerConのトピックは次のとおりです。

  • コンテナ ランタイム・管理・オーケストレーション
  • コンテナ イメージとレジストリ
  • CI/CD、構成管理、自動化、GitOps
  • 可観測性:メトリック、ロギング、トレース、サービスメッシュ
  • セキュリティ/認証
  • ストレージとデータベース
  • API、SDK、フレームワーク、ライブラリ
  • マイグレーションとリファクタリング
  • リモートおよびクラウドベースの開発者環境
  • 再現可能なビルドと環境
  • デバッグ

ContainerCon topics include:

  • Container Runtimes, Management and Orchestration
  • Container Images and Registries
  • CI/CD, Configuration Management, Automation, GitOps
  • Observability: Metrics, Logging, Tracing, Service Mesh
  • Security/Authentication
  • Storage and Databases
  • APIs, SDKs, Frameworks and Libraries
  • Migration and Refactoring
  • Remote and cloud-based developer environments
  • Reproducible builds and environments
  • Debugging

スポンサー Sponsors

ダイアモンド Diamond

プラチナ Platinum

シルバー Silver

ブロンズ BRONZE