Open Source Summit Japan

Critical Software Summit

概要

オープンソースがセーフティ クリティカルな製品やインフラストラクチャでますます見られるようになるにつれて、信頼性と確実性を確保する必要性が高まっています。このイベントには、これらの問題を解決することに集中している開発者が集まり、安全、ミッション、およびビジネスクリティカルなアプリケーションでOSプロジェクトを使用する際の信頼性を高める方法を理解します。

登録の詳細

このイベントは、Open Source Summitの一部です。参加ご希望の方は、Open Source Summitに登録してください。Open Source Summitコレクションの他のすべてのイベントにもアクセスできます。

発表案の募集 (CFP)

発表案を提出してください! 応募は9月18日まで受け付けています。

ABOUT

As open source is found more and more in safety-critical products and infrastructure, the need to ensure dependability and reliability has increased. This event gathers developers focused on solving these issues, to figure out how we can increase the confidence of using OS projects in safety, mission, and business-critical applications.

registration details

This event is part of Open Source Summit. To attend, register for Open Source Summit. You’ll also get access to all the other events in the Open Source Summit collection.

Call for proposals

Submit a proposal to speak! Submissions are being accepted through September 18.

上のボタンをクリックし、Critical Software Summitやその他のOpen Source Summit Japanカンファレンスの発表案を提出してください。
Click above to submit a proposal to speak at Critical Software Summit, or one of the other Open Source Summit Japan conferences.

Critical Software Summitのトピックは次のとおりです。

  • テスト&ファジング
    • オープンソース プロジェクトをベースにした製品のテスト容易性と安定性
    • 信頼性を検証するためのベストプラクティス
    • ポリシーとプラクティスを更新するためのベストプラクティス
    • オープンソース プロジェクトをベースにした製品の保守性
    • テスト結果の自動リグレッションと管理
  • サイバー セキュリティに関する考慮事項
    • SBOMでソフトウェアの透過性を向上させるためのベストプラクティス
    • 脆弱性の分類、悪用可能性の評価、および軽減策に関するベストプラクティス
    • 脆弱性の検出とレポートのベストプラクティス
    • セキュリティ インシデント対応を管理するためのベストプラクティス (PSIRT チームなど)
  • セーフティクリティカルの考慮事項
    • オープン ソース プロジェクトに基づいて製品を開発する際の安全性に関する考慮事項
    • サンドボックス化とコード分離のテクニック
    • セーフティクリティカルなアプリケーションにおけるセキュリティ問題の管理
    • 証明機関と協力するためのベストプラクティス
    • 要件、ソース、およびテスト エビデンス間のトレーサビリティ

Critical Software Summit topics include:

  • Testing and Hardening
    • Testability and Stability of Products based on Open Source Projects
    • Best Practices for Verification for Dependability
    • Best Practices for Updating Policies and Practices
    • Maintainability of Products based on Open Source Projects
    • Automated Regressions and Management of Test Evidence
  • Cyber Security Considerations
    • Best Practices for Improving Software Transparency with SBOMs
    • Best Practices for Vulnerability Classification, Exploitability Assessment, and Mitigations
    • Best Practices for Vulnerability Detection and Reporting
    • Best Practices for Managing Security Incident Responses (PSIRT Teams, etc.)
  • Safety-Critical Considerations
    • Safety Considerations when Developing Products based on Open Source Projects
    • Sandboxing and Code Isolation Techniques
    • Management of Security Issues in Safety-critical Applications
    • Best Practices for Working with Certification Authorities
    • Traceability between Requirements, Source, and Testing Evidence

スポンサー Sponsors

ダイアモンド Diamond

プラチナ Platinum

ゴールド GOLD

シルバー Silver

ブロンズ BRONZE

パートナー PARTNERS