Open Source Summit Japan

Embedded IoT Summit

概要

Embedded IoT Summitは、リソースに制約のある組み込み製品やIoT製品に取り組むシステム アーキテクト、ファームウェア開発者、ソフトウェア開発者が、開発速度の向上とイノベーションの最大化をめざして学び、協業する場です。

登録の詳細

このイベントは、Open Source Summitの一部です。参加ご希望の方は、Open Source Summitに登録してください。Open Source Summitコレクションの他のすべてのイベントにもアクセスできます。

発表案の募集 (CFP)

発表案を提出してください! 応募は9月18日まで受け付けています。

ABOUT

The Embedded IoT Summit is where system architects, firmware developers and software developers working on resource constrained embedded and IoT products can learn and collaborate for increased development velocity and maximum innovation.

registration details

This event is part of Open Source Summit. To attend, register for Open Source Summit. You’ll also get access to all the other events in the Open Source Summit collection.

Call for proposals

Submit a proposal to speak! Submissions are being accepted through September 18.

上のボタンをクリックし、Embedded IoT Summitやその他のOpen Source Summit Japanカンファレンスの発表案を提出してください。
Click above to submit a proposal to speak at Embedded IoT Summit, or one of the other Open Source Summit Japan conferences.

Embedded IoT Summitのトピックは次のとおりです。

  • 制約あるリソースを活用するベストプラクティス
    • コード フットプリントの最小化
    • センサーの相互作用
    • 電力使用量
    • オープン ハードウェア サポート
    • アクセラレーション テクノロジーのハードウェアとソフトウェアのトレードオフ
  • Linux ベースではないシステムのサイバーセキュリティと安全性に関する考慮事項
    • オープンソース プロジェクトの脆弱性を処理するためのベストプラクティス
    • 安全なブートローダーと信頼できる更新のサポート
    • エッジへの安全な通信
    • Sandboxおよび非Linuxの仮想化で使用する際の考慮事項
    • エッジ自律の範囲を決定するためのベストプラクティス
  • 外の世界とIoT RTOSとの出会い
    • NTPと同期
    • コネクテッド センサー
    • EMF/RFIの影響
    • リアルタイムの考慮事項
    • 通信技術

Embedded IoT Summit topics include:

  • Best Practices Working with Resource Constraints
    • Code Footprint Minimization
    • Sensor Interaction
    • Power Usage
    • Open Hardware Support
    • Hardware/Software Tradeoffs for Acceleration Technologies
  • Cybersecurity & Safety Considerations for Systems not based on Linux
    • Best Practices for Handling Vulnerabilities in Open Source Projects
    • Secure Bootloaders and Trusted Update Support
    • Secure Communication to the Edge
    • Considerations for Use in Sandboxes and Non-Linux Virtualization
    • Best Practices for Determining the Scope of Edge Autonomy
  • Outside World Meets IoT RTOSes
    • NTP and Synchronization
    • Connected Sensors
    • EMF/RFI Impact
    • Real-Time Considerations
    • Communication Technologies

スポンサー Sponsors

ダイアモンド Diamond

プラチナ Platinum

ゴールド GOLD

シルバー Silver

ブロンズ BRONZE

パートナー PARTNERS