Open Source Summit Japan

上司を説得する
Convince Your Boss

Open Source Summit Japanに参加したいけれど上司をどう説得すればよいかわからず、困っていませんか?
そんな方のために、サンプル レターをご用意しました(稟議書作成の参考資料にもなります)。それでは横浜でお会いしましょう!



サンプル レター

{上司のお名前} 様

私は、12月5日~6日に横浜で開催されるOpen Source Summit Japanに参加を希望しています。多くのカンファレンスを調査した結果、これはオープンソース開発者、技術者、コミュニティ リーダーが協力し、情報を共有し、問題を解決し、知識を高めることで、オープンソースのイノベーションを促進し、サステナブルなオープンソース エコシステムを確保できる最高のイベントであることがわかりました。

エコシステム全体から約 1,000 人の有能な人々が集まり、学んだことを共有し、イノベーションを強化し、オープンソースの未来について議論します。この議論の対象となるオープンソースには、Linux、組み込み Linux、IoT、クラウド ネイティブ、コンテナ、サプライチェーン セキュリティ、コミュニティ リーダーシップ、AI&データのほか、新しいオープン ソース プロジェクトなども含まれています。

  • Open Source Summit Japan に参加することは、以下のように当社の利益につながると考えます。Open Source Summit Japan では、プレゼンテーション、実践的なチュートリアル、詳細な技術講義、業界リーダーによる先見の明のある基調講演など、さまざまなセッションを提供しています。これらのセッションに参加することで、知識を深め、他のコミュニティ メンバーからベストプラクティスを学ぶことができます。
  • Open Source Summit Japan の通称 “hallway track”(ホールウェイ トラック:廊下などでの歓談)で、エコシステムのトップ技術者たちに出会うことができます。私と同じような課題や問題に直面している人々に出会い、現在および将来の技術的な問題をともに解決していきたいと思います。イベントで戦略的パートナーシップを構築することは、将来新たな課題に直面したときに非常に役立つ可能性があります。

カンファレンスの詳細や昨年の基調講演などのビデオはここで見ることができます。

10月24日までは、早期登録料金$375で登録できます。登録料には、2日間の基調講演とセッションへのアクセス、スポンサー ショーケースへのアクセス、ホールウェイ トラックとラウンジへのアクセス、コンチネンタル ブレックファスト、モーニング&アフタヌーン ブレイクが含まれています。また、オンサイト レセプションやその他のネットワーキング イベントへの参加も含まれています。

カンファレンス後には、学んだことを詳述したレポートを書き、当社の手法の改善点があれば提案したいと思います。

ご質問やご不明な点がありましたら、お知らせください。この機会を有効に活用できれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

{あなたのお名前}


Want to attend Open Source Summit Japan but not sure how to bring it up with your boss? We’ve published a sample letter below to help make the process easier. See you in Yokohama!



Sample Letter

Dear {Manager’s Name},

I’d like to attend the upcoming Open Source Summit Japan taking place December 5-6, 2022, in Yokohama, Japan. I’ve researched many conferences and found that this is the premier event for open source developers, technologists, and community leaders to collaborate, share information, solve problems, and gain knowledge, furthering open source innovation and ensuring a sustainable open source ecosystem.

Nearly 1,000 talented individuals from across the ecosystem will gather to share learnings, highlight innovation, and discuss the future of open source — including Linux, Embedded Linux, IoT, Cloud Native, Containers, Supply Chain Security, Community Leadership, AI & Data, New & Emerging Open Source Projects, and so much more. 

Here’s how I envision my attendance at Open Source Summit Japan strengthening our company:

  • Open Source Summit Japan offers a variety of sessions, including presentations, hands-on tutorials, deep-dive technical lectures, and visionary keynotes from industry leaders. Attending these sessions will allow me to build my knowledge and learn from other community members on best practices. 
  • The infamous “hallway track” at Open Source Summit Japan will allow me to meet the top technical minds in the ecosystem. I hope to meet others that might face the same challenges and problems I do so that we can work together to solve technical issues now and in the future. Creating strategic partnerships at the event could be very useful in the future when we encounter new challenges.

You can learn more about the conference and view last year’s keynotes and other videos here.

If I register before October 24, the fee is only $375USD. Included in the registration fee are access to all 2 days of keynotes and sessions, access to the sponsor showcase, hallway tracks and lounges, continental breakfast, and morning and afternoon breaks. It also includes entrance to the onsite reception and other networking events.

I would be happy to write a post-conference report detailing what I’ve learned and recommend any changes we can implement to improve our practices.

Please let me know if you have any questions or concerns. I hope we can make this opportunity work.

Best regards,
{Your Name}

スポンサー Sponsors

ダイアモンド Diamond

プラチナ Platinum

ゴールド GOLD

シルバー Silver

ブロンズ BRONZE

パートナー PARTNERS