Open Source Summit Japan

発表案の募集
Call For Proposals (CFP)

概要

Open Source Summit Japan の発表者募集を開始しました。

Overview

The Open Source Summit Japan Call for Proposals is now open.

イベント開催までの日程

  • CFP終了8月29日 (日) 午後11時59分(PST)
  • CFP結果通知10月19日 (火)
  • スケジュール発表:10月21日 (木)
  • スライド提出期限:12月10日 (金)
  • イベントの日程12月14日 (火)~15日 (水)

Dates to Remember

  • CFP Closes: Sunday, August 29 at 11:59pm PDT
  • CFP Notifications: Tuesday, October 19
  • Schedule Announcement: Thursday, October 21
  • Slide Due Date: Friday, December 10
  • Event Dates: Tuesday, December 14 – Wednesday, December 15

お勧めのトピック

Linuxシステム

  • Linuxシステム
  • ファイルシステムとストレージ
  • Linuxカーネル開発 (上級および初級)
  • ミッションクリティカル、リアルタイム、および長寿命システム(科学および医療)
  • プログラミング言語とツールチェーン
  • io_uring
  • トレース
  • スケジューラー
  • VFIO / IOMMU / PCI
  • カーネルの信頼性(静的解析、kcov、kocvによってトリガーされたファジングテスト、ファジング)
  • システム ブート
  • セキュリティ
  • ライブ パッチ
  • eBPF
  • RDMA
  • パワー マネージメント
  • コンテナ
  • チェックポイント/リスタート
  • ディストリビューション カーネルとサーバーやデスクトップなどのディストリビューションの考慮事項
  • Linux on the Desktop
  • 仮想化
  • ネットワーク

オープンソースの信頼性

  • テスト&ファジング
    • オープンソース プロジェクトをベースとした製品のテスト容易性と安定性
    • 信頼性を検証するためのベストプラクティス
    • 更新ポリシーと慣行のベスト プラクティス
    • オープンソース プロジェクトに基づく製品の保守性
    • 自動リグレッションとテスト エビデンスの管理
  • サイバー セキュリティに関する考慮事項
    • SBOMでソフトウェアの透過性を向上させるためのベストプラクティス
    • 脆弱性の分類、悪用可能性の評価、および軽減策に関するベストプラクティス
    • 脆弱性の検出とレポートのベストプラクティス
    • セキュリティインシデント対応を管理するためのベストプラクティス (PSIRT チームなど)
  • セーフティクリティカルの考慮事項
    • オープン ソース プロジェクトに基づいて製品を開発する際の安全性に関する考慮事項
    • サンドボックス化とコード分離のテクニック
    • セーフティクリティカルなアプリケーションにおけるセキュリティ問題の管理
    • 証明機関と協力するためのベストプラクティス
    • 要件、ソース、およびテスト エビデンス間のトレーサビリティ

AIとデータ

  • 機械学習とディープ ラーニング(フレームワーク、ライブラリ、プラットフォーム、ツール)
  • 強化学習
  • 自然言語処理
  • エッジ上のAI
  • モデル(ベンチマーク、トレーニング、パラメーター、フォーマット、市場、ワークフロー、推論、ツール)
  • ノートブック環境
  • データ(バージョン管理、フォーマット、パイプライン管理、ストリーム処理、SQLエンジン、機能エンジニアリング、視覚化、ガバナンス、ラベリング)
  • セキュリティとプライバシー
  • トラステッド&レスポンシブルAI(説明可能性、敵対的、偏見、公平性)

組み込みシステムとIoT

  • オーディオ、ビデオ、ストリーミング メディアおよびグラフィックス
  • システムの規模
  • 起動速度
  • 組み込みストレージ テクノロジー
  • リアルタイムLinux –パフォーマンス、チューニング、およびメインライニング
  • 組み込み製品のSDK
  • フラッシュメモリ デバイスとファイルシステム
  • ビルド システム、埋め込み型配布、および開発ツール
  • 携帯電話、DVR、TV、カメラなどのデバイスのLinux
  • ドローンとロボット
  • IoTとエッジ コンピューティングにおけるLinux
  • 実践的な経験と戦い
  • 標準
  • 公共インフラ
  • 外の世界とIoT RTOSとの出会い
    • NTPと同期
    • コネクテッド センサー
    • EMF/RFIの影響
    • リアルタイムの考慮事項
    • 通信技術
  • 制約あるリソースを活用するベストプラクティス
  • コード フットプリントの最小化
  • センサーの相互作用
  • 電力使用量
  • オープン ハードウェア サポート
  • アクセラレーション テクノロジーのハードウェアとソフトウェアのトレードオフ
  • Linux ベースではないシステムのサイバーセキュリティと安全性に関する考慮事項

クラウド基盤

  • オープン クラウド基盤
  • ハイブリッドとマルチクラウド
  • エッジ クラウド コンピューティング
  • コンテナネイティブ仮想化
  • コンテナとインフラ セキュリティ
  • クラウド ネイティブ ストレージ
  • Infrastructure-as-Code

クラウドネイティブ開発

  • CI/CD、構成管理
  • クラウドネイティブ アプリケーションの開発
    • アーキテクチャとアーキテクチャ パターン
    • API
  • クラウドネイティブな開発者&オペレーター エクスペリエンス
  • 可観測性:メトリック、ロギング、トレース、サービスメッシュ
  • サーバーレスとFunctions-as-a-Service
  • セキュリティ/認証
  • データフロー管理 

リーダーシップとマネージメント

  • コミュニティ&ビジネス リーダーシップ
    • インセンティブ化とエンゲージメント
    • ソフトウェア開発の方法論とプラットフォーム
    • 社内におけるインナーソース コミュニティの構築
    • リモートのチーム管理とその方法
    • バグやイシューの管理とトリアージ
    • コミュニケーション プラットフォームとその方法
    • オープンソースのガバナンスとモデル
    • メンタリングとトレーニング
    • イベント戦略
    • コンテンツ管理とソーシャルメディア
    • DevOpsカルチャー
    • コミュニティの管理
    • アドボカシーとエバンジェリズム
  • オープンソース プログラム オフィスの管理
    • オープンソース プログラム オフィス(OSPO)の作成とベストプラクティス
    • オープンソースの消費と貢献
    • 競合企業の利益管理とコヒーレント コミュニティの推進
    • OSプロジェクトの実行可能性を実証する方法
    • オープンソース+スタートアップ ビジネス モデル
    • 社内開発者と社外開発者の採用
    • 組織におけるライセンス義務の処理

その他

  • WebAssembly(Wasm)
  • 新規プラットフォーム(ソフトウェアおよびハードウェア)
  • ネットワーク
  • ブロックチェーン
  • 公衆衛生/COVID
  • オープン ハードウェア
  • クラウドネイティブのAR/VR

Suggested Topics

Linux Systems

  • Filesystems and Storage
  • Linux Kernel Development (Advanced & Beginner)
  • Mission-Critical, Real-Time, and Long Life Systems (Scientific & Medical)
  • Programming Languages and Toolchains
  • io_uring
  • Tracing
  • Scheduler
  • VFIO/IOMMU/PCI
  • Kernel Dependability (static analysis, kcov, kocv triggered fuzzing testing, fuzzing)
  • System Boot
  • Security
  • Live Patching
  • eBPF
  • RDMA
  • Power Management 
  • Containers
  • Checkpoint/Restart
  • Distribution Kernels & Distros Considerations for Servers, Desktops, etc.
  • Linux on the Desktop
  • Virtualization
  • Networking

Open Source Dependability

  • Testing and Hardening
    • Testability and stability of products based on open source projects
    • Best practices for verification for dependability
    • Best practices for update policies and practices
    • Maintainability of products based on open source projects
    • Automated regressions and management of test evidence
  • Cyber Security Considerations
    • Best practices for improving software transparency with SBOMs
    • Best practices for vulnerability classification, exploitability assessment, and mitigations
    • Best practices for vulnerability detection and reporting
    • Best practices for managing security incident responses (PSIRT teams, etc.)
  • Safety-Critical Considerations
    • Safety considerations when developing products based on open source projects
    • Sandboxing and Code Isolation techniques
    • Management of security issues in safety-critical applications
    • Best practices for working with certification authorities
    • Traceability between requirements, source, and testing evidence

AI & Data

  • Machine and Deep Learning (Framework, Libraries, Platform, Tools)
  • Reinforcement Learning 
  • Natural Language Processing
  • AI on the Edge
  • Model (Benchmarking, Training, Parameter, Format, Marketplace, Workflow, Inference, Tools)
  • Notebook Environments 
  • Data (Versioning, Format, Pipeline Management, Stream Processing, SQL Engines, Feature Engineering, Visualization, Governance, Labeling)
  • Security and Privacy
  • Trusted and Responsible AI (Explainability, Adversarial, Bias, Fairness)

Embedded & IoT

  • Audio, Video, Streaming Media and Graphics
  • System Size
  • Boot Speed
  • Embedded StorageTechnologies
  • Real-Time Linux – Performance, Tuning, and Mainlining
  • SDKs for Embedded Products
  • Flash Memory Devices and Filesystems
  • Build Systems, Embedded Distributions and Development Tools
  • Linux in Devices such as Mobile Phones, DVRs, TV, Cameras, etc.
  • Drones and Robots
  • Linux in the Internet of Things and Edge Computing
  • Practical Experiences and War Stories
  • Standards
  • Public Infrastructure
  • Outside World Meets IoT RTOSes
    • NTP and Synchronization
    • Connected Sensors
    • EMF/RFI Impact
    • Real-Time Considerations
    • Communication Technologies
  • Best practices Working with Resource Constraints
  • Code Footprint Minimization
  • Sensor Interaction
  • Power Usage
  • Open Hardware Support
  • Hardware/Software tradeoffs for Acceleration Technologies 
  • Cybersecurity & Safety Considerations for Systems not Based on Linux

Cloud Infrastructure

  • Open Cloud Infrastructure
  • Hybrid & Multicloud
  • Edge Cloud Computing
  • Container-Native Virtualization
  • Container and Infrastructure Security
  • Cloud Native Storage
  • Infrastructure-as-Code

Cloud Native Development

  • CI/CD, Configuration Management
  • Cloud-native Application Development
    • Architectures and Architectural Patterns
    • APIs
  • Cloud-native Developer and Operator Experience
  • Observability: Metrics, Logging, Tracing, Service Mesh
  • Serverless and Functions-as-a-Service
  • Security/Authentication
  • Data Flow Management

Leadership & Management

  • Community & Business Leadership
    • Incentivization and Engagement
    • Software Development Methodologies and Platforms
    • Building Internal Innersource Communities
    • Remote Team Management and Methods
    • Bug/Issue Management and Triage
    • Communication Platforms and Methods
    • Open Source Governance and Models
    • Mentoring and Training
    • Event Strategy
    • Content Management and Social Media
    • DevOps Culture
    • Community Management
    • Advocacy and Evangelism
  • Open Source Program Office Management
    • Creation and Best Practices of Open Source Program Offices (OSPOs)
    • Consuming and Contributing to Open Source
    • Managing Competing Corporate Interests while Driving Coherent Communities
    • How to Vet the Viability of OS Projects
    • Open Source + Startup Business Models
    • Internal vs External Developer Adoption
    • Handling License Obligations in Organizations

Wildcard

  • WebAssembly (Wasm)
  • Emerging Platforms (Software & Hardware)
  • Networking 
  • Blockchain
  • Public Health/COVID
  • Open Hardware
  • AR/VR with Cloud Native

サブミッション タイプ

  • セッション プレゼンテーション(40分から50分間)
  • パネル ディスカッション(40分から50分間)
  • BoF:分科会(45分間から1時間程度で通常は夕方に開催)
  • チュートリアル(15時間から2時間)

Submission Types

  • Session Presentation (40-50 minutes in length)
  • Panel Discussion (40-50 minutes in length)
  • Birds of a Feather Session (BoFs are typically held in the evenings, from 45 minutes – and up to 1 hour in length)
  • Tutorial (1.5 – 2 hours in length)

注意していただきたいこと

  • 講演者の方は、わたしたちの行動規範を遵守してください。また、オンラインによるインクルーシブ スピーカー オリエンテーション コースをぜひ受講してください。
  • 発表案を提出する際には、発表案の対象となるキー トピック エリアを選択する必要があります。複数のキー トピック エリアを選ぶことはできませんので、すべてのエリアに目を通してから選択してください。複数のトピック エリアに適合する発表案もあるでしょう。しかし心配はいりません。そのような発表案については、Linux Foundationのプログラム チェアが協力し合い、必要に応じて他のトピック エリアに割り当てて見直しを行います。
  • パネル ディスカッションを計画している方は、発表案にパネリスト名も列記してください。なお、The Linux Foundationは講演者の多様性向上に努めているため、男性パネリストのみの発表案については承認していません。
  • 発表者用無料招待券 - 発表案ごとに、承認された主発表者には無料招待券1枚が提供されます。共同発表者には大幅割引招待券が提供されます。パネル セッションについては、すべてのパネリストに無料招待券が配布されます。
  • 発表案を準備する際に、セールスやマーケティングを目的とした内容、およびライセンスを受けていない技術やクローズドソース技術の疑いのある技術に関する議論は避けてください。これらのトークは、わたしたちのイベントの統合性から乖離しており、カンファレンス参加者からも歓迎されないため、承認されません。
  • 発表者として通知を受けた方は、イベントの前にスライドを提出してください。

Important Notes

  • All speakers are required to adhere to our Code of Conduct. We also highly recommend that speakers take our online Inclusive Speaker Orientation Course.
  • When submitting a talk, you will be asked to select the Key Topic Area in which you’d like to submit. You may only submit for One Key Topic Area so please review all carefully before making your selection. We understand that some proposals could potentially fit into multiple topic areas. Don’t worry, our program chairs are working together to move proposals to other areas as needed for additional review.
  • Panel submissions must include the names of all participants in the initial submission to be considered. In addition, The Linux Foundation does not accept submissions with all-male panels in an effort to increase speaker diversity.
  • Complimentary Passes For Speakers – One complimentary pass for the event will be provided for the accepted primary speaker per submission, and a substantially discounted pass will be available for co-speakers. For panel sessions, all panelists will receive a complimentary pass. 
  • Avoid sales or marketing pitches and discussing unlicensed or potentially closed-source technologies when preparing your proposal; these talks are almost always rejected due to the fact that they take away from the integrity of our events, and are rarely well-received by conference attendees
  • All accepted speakers are required to submit their slides prior to the event

発表案を提出するための準備

発表案の作成に関する厳密な制約はありませんが、よりよい発表案を作成するためにぜひ読んでいただきたいガイドラインを作成しましたので、参考にしてください。発表案を提出する際は、次の 3 点を確認してください。

  1. あなたの発表の目的は何ですか。
  2. 受講者はあなたの発表から何を得られますか。
  3. あなたの発表は、エコシステムの改良にどのように役立ちますか。

企業独自の活動にフォーカスしないで、プロジェクトや技術情報に関する発表を行う方法はたくさんあります。発表案を作成する際は以上の事がらを念頭に置き、参加者が関心を持つよう工夫しつつ、自身の経験を共有したり、コミュニティに問題を提起したり、プロジェクトへの興味を喚起したりしましょう。

初めて発表する方も心配はいりません

The Linux Foundationのイベントは、コミュニティについて知り、自分のアイデアや活動をみんなに知ってもらえるすばらしい場所です。初めての方もぜひ発表案を提出してください。発表案の書き方がよくわからない場合は、ぜひご相談ください。喜んでお手伝いします。

よりよい発表をするために

発表案が承認されたら、よりよい発表をめざして準備してください。経験豊かなカンファレンス講演者Josh Berkkus氏にお願いし、「技術発表を成功させる方法」について詳しいチュートリアルを用意していただきましたので、ぜひご覧ください。

Part 1: http://www.youtube.com/watch?v=iE9y3gyF8Kw

Part 2: http://www.youtube.com/watch?v=gcOP4WQfJl4

Preparing to Submit Your Proposal

While it is not our intention to provide you with strict instructions on how to prepare your proposal, we hope you will take a moment to review the following guidelines that we have put together to help you prepare the best submission possible. To get started, here are three things that you should consider before submitting your proposal:

  1. What are you hoping to get from your presentation?
  2. What do you expect the audience to gain from your presentation?
  3. How will your presentation help better the ecosystem?

There are plenty of ways to give a presentation about projects and technologies without focusing on company-specific efforts. Remember the things to consider that we mentioned above when writing your proposal and think of ways to make it interesting for attendees while still letting you share your experiences, educate the community about an issue, or generate interest in a project.

First Time Submitting? Don’t Feel Intimidated

Linux Foundation events are an excellent way to get to know the community and share your ideas and the work that you are doing and we strongly encourage first-time speakers to submit talks for our events. In the instance that you aren’t sure about your abstract, reach out to us and we will be more than happy to work with you on your proposal.

How To Give a Great Tech Talk

In the instance that your talk is accepted, we want to make sure that you give the best presentation possible. To do this, we enlisted the help of seasoned conference speaker Josh Berkus who has prepared an in-depth tutorial on “How to Give a Great Tech Talk”.

Part 1: http://www.youtube.com/watch?v=iE9y3gyF8Kw

Part 2: http://www.youtube.com/watch?v=gcOP4WQfJl4

行動規範

Linux Foundation は、わたしたちのすべてのイベントにおいて、参加者が人権侵害や差別を受けることのないよう努力しています。発表者として申し込む方は、わたしたちの行動規範を必ずお読みください。

Code of Conduct

The Linux Foundation is dedicated to providing a harassment-free experience for participants at all of our events. We encourage all submitters to review our complete Code of Conduct.

スポンサー Sponsors

ゴールド GOLD

シルバー Silver

ブロンズ BRONZE